ちずみる豊橋 | 利用許諾

ご利用規約

利用規約
ご利用になる前に、次の利用規約(ご利用上の注意、禁止する事項)をご確認ください。
利用条件への同意
このサイト(以下、「本サイト」という)は、豊橋市が委託した民間事業者により提供しています。
本サイトのご利用に際しては、以下の記載事項(以下、「本利用条件」という)及びプライバシーポリシーに同意されたこととさせていただきますので、ご了承ください。
本利用条件の範囲
本利用条件の効力が及ぶ範囲は、本サイトの運用に必要な全てのサーバ、及びそれらに格納されている一切の情報(以下、「コンテンツ」という)とします。
知的財産権
本サイト及びコンテンツの著作権は、特に記載のない限り豊橋市に帰属し、各国の著作権法、各種条約及びその他の法律で保護されています。
「ちずみる豊橋」では、豊橋市のほかに以下の事業者が知的財産権(著作権、商標権等)を有しております。
本サイトにより提供する案内地図、航空地図の著作権は、ジオテクノロジーズ株式会社及び、株式会社パスコに帰属します。
本サイトに記載、掲載されている会社名・製品名は、豊橋市または各社の登録商標または商標である場合があります。
商標法またはその他の法律により認められている場合を除き、豊橋市または各社の文書による事前の承諾なしにこれらを利用することはできません。
リンクについて
「ちずみる豊橋」トップページは、リンクフリーです。
その場合、リンクを設定する箇所には「ちずみる豊橋」へのリンクであることを明記してください。
ただし、元サイトの内容やリンクの方法が下記に該当する場合、リンクをお断りする場合があります。
  • 公序良俗に反する行為、またはその恐れがある行為
  • 第三者または豊橋市に不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れがある行為
コンテンツの使用
個人的使用その他法律によって明示的に認められている範囲を超えて、コンテンツを使用(複製・改変・転用・記載・電磁的加工・送信・頒布・二次的使用、その他これらに類する全ての行為を含む)することを禁止します。 ただし、町内会・自治会における防犯マップ作成など、自治会活動の目的で地図等を印刷し利用することは可能です。
禁止事項
本サイトでは次の行為を禁止します。
  • 営利目的でサービスを利用すること
  • 地図等を印刷し、再配布、再販等を行うこと
  • 商用転用すること
  • 第三者または豊橋市に不利益もしくは損害を与える行為、またはその恐れがある行為
  • 公序良俗に反する行為、またはその恐れがある行為
  • 犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはその恐れがある行為
  • 上記を含め国等が定めた法令に反する行為
  • その他、豊橋市が不適切と判断する行為
免責事項
本サイトで提供する地図情報の完全なる正確性、実際との完全性を保証するものではありません。
全ての閲覧者または機器上で正常に動作することを保証するものではありません。
利用者が求めるサービスの全てを提供することを保証するものではありません。
豊橋市は、利用者が本サイトの情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。
また、直接・間接的な理由を問わず、本サイトを利用したことにより発生した損害・損失について、いかなる場合でも一切の責任を負いません。
本サイトは、予告なしに内容の追加・変更・削除・利用停止を行うことがあります。 このことにより発生したいかなる損害・損失についても、一切の責任を負いません。
コンテンツの作成時期等により、現状を正確に反映していない場合があります。
地図や画像は、土地の境界または建物等の位置を正確に表示するものではありません。
また、コンテンツの表示位置は、形状によっては、多少ズレが生じる場合があります。
閲覧しているパソコン環境により、本サイトが正常に閲覧できない場合があります。
利用規約の変更
本利用規約は、予告なく変更することがあります。


◆地震・津波ハザードマップに関する情報◆
■地震・津波ハザードマップに掲載されている各種データについて
本サイトで公表されている「震度分布」「液状化危険度分布」「津波浸水想定域及び最大浸水深分布」「浸水が30㎝に達する時間」は、
豊橋市南海トラフ地震被害予測調査(平成26年8月28日 豊橋市防災会議公表)に基づき、南海トラフで発生する海溝型の地震が生じた場合に、
本市で想定される震度及び液状化、津波による浸水想定等を示したものです。
なお、豊橋市南海トラフ地震被害予測調査は、一定の条件のもとに本市の被害について想定を行ったものです。実際に発生する地震の規模や揺れ、
津波の発生状況は、必ずしも想定どおりのものとなるとは限りません。
地震モデル、前提条件等詳細につきましては、豊橋市南海トラフ地震被害予測調査ホームページ
(URL:http://www.city.toyohashi.lg.jp/16584.htm) をご覧ください。

■地震・津波のモデルについて
①「過去地震最大モデル」
南海トラフで繰り返し発生している地震・津波のうち、発生したことが明らかで大きいもの(宝永地震、安政東海地震、安政南海地震、
昭和東南海地震、昭和南海地震の5地震)を重ね合わせたモデルです。本モデルは、「愛知県東海地震・東南海地震・南海地震等被害予測調査
(以下、愛知県(2014))」により、愛知県が内閣府と方針等について相談しながら検討した震源及び波源モデルであり、全体の地震規模等
については、現在内閣府にて検討中です。
②「理論上最大想定モデル」
内閣府が平成24年8月29日に公表した南海トラフで発生するあらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震・津波を想定したモデルです。
本サイトでは、内閣府が公表した地震ケース5通り及び津波ケース11通りのうち、本市全体で被害が最大となるケースの結果を掲載しています。
【地震ケース】:東側ケース 
【津波ケース】:津波浸水想定域及び最大浸水深分布(津波ケース①⑥⑦⑨の重ね合わせ)、
         浸水が30㎝に達する時間(津波ケース①)

■震度分布について
250mメッシュ単位で算定を行っています。

■液状化危険度分布について
250mメッシュ単位で算定を行っています。液状化危険度分布は、愛知県(2014)により県が収集したボーリングデータや微地形を参考に
作成された地盤モデルによる想定です。危険度判定にあたっては、地盤改良等の液状化対策効果は見込んでいません。
また、個々の区画の危険度は、個別に調査する必要があります。津波浸水想定域及び最大浸水深分布、浸水が30㎝に達する時間について
5mメッシュ単位で算定を行っています。津波浸水想定域等の津波シミュレーションにあたっては、愛知県(2014)による前提条件を使用しています。

■津波浸水想定域及び最大浸水深分布、浸水が30㎝に達する時間について
5mメッシュ単位で算定を行っています。津波浸水想定域等の津波シミュレーションにあたっては、愛知県(2014)による前提条件を
使用しています。
地震・津波 「過去地震最大モデル」の津波 「理論上最大想定モデル」の津波
地殻変動量 考慮 考慮
初期潮位(T.P.)※ 三河港=1.0m 三河港=1.0m
盛土構造物(土堰堤) 東海・東南海地震(愛知県東海地震・東南海地震等被害予測調査H15.3)に対し耐震性を有している箇所および液状化危険度が小さい箇所については50%沈下、それ以外は75%沈下
(いずれも越流したら破堤)
75%沈下
(越流したら破堤)
コンクリート構造物 震度6弱以上で倒壊 震度6弱以上で倒壊
樋門樋管・水門・陸閘門 耐震化かつ遠隔操作化・自動化対応している施設及び常時閉鎖施設は閉鎖、それ以外は開放 常時閉鎖施設のみ閉鎖
防波堤 沈下量を推定し、越流水深2mを超えると倒壊(三河港神野北防波堤は沈下量を推定し、越流しても倒壊しない) 震度6弱以上で倒壊
計算時間 12時間 12時間

※初期潮位T.P.=1.0mは、三河湾沿岸における朔望平均満潮位(朔(新月)及び望(満月)の日から5日以内に現れる、各月の最高満潮面の平均値)の中で、平成15年から平成24年の10年間の平均値をもとに設定しています。